偏頭痛とCBDオイル―科学が示すCBDの有効性―


※以下の内容は、オランダのCBD製品メーカーenectaのブログページを翻訳したものになります。このような情報があることを日本語でお伝えしますが、当店取扱商品がこれらの症状に対する効果・効能があることを謳うものではありません。また、当店取扱商品は医薬品ではありません。なお、当ページ掲載にあたり、掲載前にメーカーの許可を得ております。

偏頭痛とCBDオイル―科学が示すCBDの有効性―


現在、多くの人々が、非常に複雑な病気である偏頭痛と戦っています。偏頭痛は、多くの異なる要因によって引き起こされ、症状の現れ方も実にさまざまです。偏頭痛に苦しむ人々は、この極端に多面的な症状を緩和するための新しい解決策を強く求めています。

近年、痛みを和らげる効果的な治療法としてCBDオイルの使用を示す証言が増え続けているため、偏頭痛の影響を受ける人々の注意を強く引いています。

偏頭痛とは


偏頭痛はかなり複雑な神経疾患であり、その主な特徴は、いわゆる「頭痛」です。偏頭痛はしばしば、非常に激しく、そして長時間続きます。また多くの場合、吐き気や光や騒音に対する感覚過敏などの他の症状にも関連しています。

偏頭痛に苦しむ人の3分の1は、激しい頭痛が始まる直前に発生する視覚的および感覚的障害を経験すると言われています。片頭痛の原因は実にさまざまで、一連の環境的要因や、日々のストレス等の一般的な要因などが含まれます。

治療薬としては、パラセタモールやイブプロフェンなどの鎮痛薬が一般的ですが、より深刻なケースでは、激しい頭痛発作によって引き起こされる吐き気を緩和するため、制吐薬が使用されます。

医療大麻と偏頭痛―最初の研究―


慢性疼痛の治療における医療大麻の有用性は、科学界において日々多くの証明が成されています。 特に大麻植物の主要な有効成分の1つであるカンナビジオール(CBD)は、慢性疼痛に関連するいくつかの病状治療にますます利用されています。

しかし、さまざまな分野での努力にもかかわらず、最近まで偏頭痛発作により引き起こされる痛みの緩和におけるカンナビジオール(CBD)の有効性を調査しようとする研究はほとんどありませんでした。

後に医療大麻と偏頭痛の関連性を調べた最初の権威ある研究が2016年に行われ、コロラド大学臨床薬理学部のダニエル・N・ラインが指導したチームによって調査されました。

この研究では、偏頭痛の診断を受け、医師から2010年1月〜2014年9月までの間に医療大麻の治療を受けるよう勧められた成人121人を対象に調査が行われました。

調査の結果、大麻ユーザーの間で、毎月の片頭痛発作の数が10.4から4.6に減少していたことが分かりました。

この研究の結果は、医療大麻が頭痛に対して明確な「予防」の役割を果たしていることを実証しています。言い換えれば、医師が推奨するように医療大麻を服用することは、頭痛に苦しむ回数を減少させることにつながります。

当時の研究者たちは、偏頭痛の特定のケースにおける最も正しい投与方法を見定め、その作用機序と種類をよりよく理解するため、医療大麻の可能性をさらに調査する必要があると結論付けました。

偏頭痛治療とCBDに関する最初の改訂


2018年4月、Frontiers in Pharmacology に掲載された研究の中で、大麻と偏頭痛の関係性が見直されました。

東フィンランド大学のバータネン分子科学研究所の研究者によって行われたこの改訂では、偏頭痛によって引き起こされる痛みに対し、カンナビノイドが果たす役割について新しい仮説が提示されました。

研究によれば、カンナビノイドは、その抗けいれん、鎮痛、制吐、および抗炎症作用により、偏頭痛の急性および予防的治療に有望な部類の化合物であることが示されています。

偏頭痛によって引き起こされる痛みを緩和するCBDの効果は、私たちのエンドカンナビノイドシステムと、このシステムを特徴付けるCB1およびCB2と呼ばれるカンナビノイド受容体との相互作用にあります。昨今の大麻の法的地位の急速な変化を考慮して、カンナビノイドの研究は現在急速的に行われています。

今後、さまざまな病状治療に対しカンナビノイドを含む医薬品の使用が正式に承認されれば、片頭痛の治療にも適用される可能性も開かれます。

CB1は脳内に豊富なカンナビノイド受容体であり、その目的は、末梢および中枢の両方で侵害受容トラフィックを遮断する偏頭痛の治療です(侵害受容は、実際には、信号と痛みの感覚を識別する感覚プロセスを指します)。一方、免疫細胞に多く分布するCB2受容体は、重度の偏頭痛に関連する炎症を軽減する役割を果たします。

この改正自体は、大麻の医療適用の可能性をこれまで以上に明確にするため、新しい調査に早急に取り組む必要性があると結論付けました。

研究の未来と現在の可能性


現在、多くの人が、再発性頭痛によって引き起こされる痛みを緩和するためにカンナビジオール(CBD)を使用しています。 

摂取方法として大麻を吸う人もいますが、CBDオイルを舌下投与し、数分で出る効果を待つ人もいます。

Source:CBD Dosage and Finding the ‘Sweet Spot’

CBD通販専門店 HEMP4YOU
ショップ:https://hemp4you.shop

コメント