皮膚炎と乾癬―CBDはどのように役立つか―


※以下の内容は、オランダのCBD製品メーカーenectaのブログページを翻訳したものになります。このような情報があることを日本語でお伝えしますが、当店取扱商品がこれらの症状に対する効果・効能があることを謳うものではありません。また、当店取扱商品は医薬品ではありません。なお、当ページ掲載にあたり、掲載前にメーカーの許可を得ております。

皮膚炎と乾癬―CBDはどのように役立つか―


CBDは、カンナビス・サティバ(アサ植物)に由来する多くの天然化合物(カンナビノイド)の一つです。この「カンナビノイド(CBD)」は、慢性的な痛み、不眠症、不安神経症、自己免疫疾患、その他のいくつかの病状を緩和することで知られています。

ここ最近、CBD製品の皮膚への効果が注目されています。私たちの皮膚にはそれぞれ独自のエンドカンナビノイドシステムがあり、CBDはそれらを刺激することができるためです。

CBDは肌荒れ等のさまざまな肌トラブルを緩和するのに役立ちます。

以下では、乾癬、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎の症状を緩和するために、CBD製品がどのように役立つかについて説明をしていきます。

CBDと乾癬


乾癬は、皮膚細胞が加速度的に増殖・分裂する自己免疫疾患です。この分裂の結果、皮膚の表面に湿疹が現れることがあります。また、現時点では乾癬の治療法はありません。

しかし、症状を緩和する方法はいくつかあり、例えば、日光を浴びることを制限することや、バランス良い食事を取ること、生活習慣を改めることなどがあげられます。

CBDは、乾癬に関連する一般的な症状のいくつかを緩和する一般的な方法としても認識されており、細胞分裂の速度を遅らせるCBDの効果を提唱するいくつかの研究があります。

さらに、CBDには、乾癬に伴うかゆみや刺激を和らげるのに役立つ抗炎症作用があります。

CBDとアトピー性皮膚炎


皮膚炎は、子どもたちの間で一般的に発生する炎症性疾患です。 6歳以下の子供の約10%がこの皮膚疾患に罹患していると言われています。皮膚炎は、寒い時期に頻繁に再発する傾向があり、痒みを伴う赤い発疹が特徴です。

皮膚炎の治療で最も一般的なのは、副腎皮質ステロイドクリームです。

これらのクリームは皮膚炎の症状を緩和するのに非常に効果的ですが、皮膚や体に多くの悪影響を与える可能性があります。また、アトピー性皮膚炎に関連した肌トラブルは、副腎皮質ステロイド治療を終えると再発しやすい傾向があることも問題としてあげられています。

人間の皮膚にはそれぞれ独自のエンドカンナビノイドシステムがあり、CBDを効率的に摂取できる仕組みが備わっています。 CBDはこのシステムと相互作用することで対象部位の炎症をすばやく鎮め、皮膚バランスを回復させます。

CBD製品はまた、アトピー性皮膚炎によって引き起こされる痒みや赤みを緩和するのにも役立ちます。

CBDと脂漏性皮膚炎


脂漏性皮膚炎は、主に顔や頭皮に多く見られる慢性炎症性皮膚疾患です。頭皮全体および生え際の赤い皮膚のほか、耳、肘、膝の後ろ等に鱗屑(鱗状の皮)が出るのが特徴です。この症状の主な原因は皮脂腺からの皮脂の分泌過剰です。

脂漏性皮膚炎を治療する際にCBDが効果的なのは、以下の理由からなります。

・CBDは皮脂の分泌を遅らせます。

脂漏性皮膚炎の一番の原因は、皮脂腺からの皮脂の過剰な分泌です。CBDは皮脂の過剰分泌を抑え、脂漏性皮膚炎の症状に対し効果的であることが証明されています。さらに、CBDはニキビの効果的な治療法としても知られています。

・CBDは皮膚表面の細胞増殖を遅らせます。

マラセチア菌は皮膚細胞の急速な繁殖を引き起こし、脂漏性皮膚炎を助長するもう一つの要因であると言われています。

研究により、CBD分子は皮脂腺からの皮脂の分泌を減らし、脂漏性皮膚炎の発症に関与する皮脂腺を構成する皮脂細胞の繁殖を抑制することが明らかになっています。

CBDが肌荒れに効果的なのはなぜか


CBDは私たちの体に摂取されると、エンドカンナビノイドシステムに刺激を与えます。 多くのCBD製品には、私たちの体が自然に生成する内因性(エンド)カンナビノイドとほぼ同じ分子構造である植物性カンナビノイド(CBD等)を含んでいます。

内因性カンナビノイドは、私たちの体の機能を調整し、病気やストレス下にあるときの免疫系、神経系、呼吸器系を助けます。一方、エンドカンナビノイドシステムは、例えれば私たちの体の指揮者であり、私たちの体の調和が保たれるよう働いています。

CBD(植物性カンナビノイド)が肌トラブルに効果的なのは、私たちの肌が独自のエンドカンナビノイドシステムを持っているからです。このシステムによって、私たちの肌は健康でバランスのとれた状態に保たれているのです。 

CBDを含む軟膏やローションは、エンドカンナビノイドシステムに直接働きかけ、迅速かつ効果的に皮膚細胞が自然なバランスを保てるよう助けることができます。

Source:CBD Dosage and Finding the ‘Sweet Spot’

CBD通販専門店 HEMP4YOU
ショップ:https://hemp4you.shop

コメント