ヘンプオイルの利点と用途


※以下の内容は、オランダのCBD製品メーカーenectaのブログページを翻訳したものになります。このような情報があることを日本語でお伝えしますが、当店取扱商品がこれらの症状に対する効果・効能があることを謳うものではありません。また、当店取扱商品は医薬品ではありません。なお、当ページ掲載にあたり、掲載前にメーカーの許可を得ております。

ヘンプオイルの利点と用途


ヘンプオイル(ヘンプシードオイル=麻の種子油)は何世紀もの間、高品質な栄養素の供給源として伝統医学で使用されてきた歴史があります。現代科学でも近年、CBD製品をさまざまな病気の緩和に結びつける多くの肯定的な属性が明らかになっています。

当初、ヘンプオイルと大麻に関連する偏見により、欧米ではヘンプオイルは主流になりませんでした。しかし、後に科学的に裏付けされた情報が広まったことによりヘンプオイルは人気を集め、再び注目されるようになりました。

健康な髪、肌、爪をサポート


ヘンプオイルは、肌に潤いを与える人気製品です。オイルは、かゆみ、乾燥、刺激を大幅に減らすだけでなく、抗酸化物質も含みます。ヘンプオイルの抗炎症特性は、皮膚を鎮め保護しながら自然な老化プロセスを遅らせるのに役立ちます。

不安、睡眠、痛みの補助


CBDオイルは、睡眠やストレス、不安などによる症状をサポートするためによく使用されます。 CBDオイルを使用しはじめるときの投与量は人によって異なるため低用量から使用を始め、その後は症状に応じて適用することが推奨されています。

脳の素晴らしい栄養源


ヘンプオイルには、必須脂肪酸が豊富に含まれています。ヘンプオイルには、効率的な脳の発達に必要なドコサヘキサエン酸(DHA)が多く含まれます。DHAは、乳幼児(特に生後12ヶ月の間)の網膜の発達に必要不可欠なものです。妊娠中にヘンプオイルを摂取すると胎児の目と脳の保護に役立ちます。

免疫システムをサポート


ヘンプオイルに含まれる必須脂肪酸は、胃腸の健康、免疫システムの働き、および体内のカンナビノイドシステム全体の恒常性を促進することが知られています。風邪やインフルエンザが蔓延している冬の間に特に有効です。

気分の改善


内因性カンナビノイド(エンドカンナビノイド)は、私たちの気分のバランスを保つために不可欠であると考えられています。私たちのエンドカンナビノイドシステムには神経伝達物質の放出を調節する役割があり、神経伝達物質の一部はうつ病や不安に関連する症状に関与しています。

内因性カンナビノイド(エンドカンナビノイド)は脂肪から出来ているため、ヘンプオイルからより多くの必須脂肪酸を摂取することで、有益な脂質である内因性カンナビノイドを体で簡単に生産できるようになります。

ホルモンバランスの維持


ヘンプオイルは、オメガ6脂肪酸であるGLA(ガンマリノール酸)の優れた供給源です。研究では、GLAがホルモンのバランスを保つのに役立つことが証明されています。女性の場合GLAの定期的な摂取は、月経前症候群に関連する症状を緩和や、月経中の痛みやけいれんの緩和に役立ちます。

心臓の健康を促進


ヘンプオイルは、心血管機能をサポートしその機能を促進することが証明されているオメガ3とオメガ6脂肪酸を豊富に含みます。これらの栄養素は多くの生物学的プロセスで重要な役割を果たしており、いくつかの変性疾患の予防に役立ちます。

強力なスーパーフード


CBDオイルは、テルペン、フラボノイド、ビタミン、必須脂肪酸、および抗酸化物質を含んだ強力なスーパーフードとなります。また、CBDオイルを摂取すると「アントラージュ効果」として知られる現象が体内に生じます。

アントラージュ効果とは、ヘンプとCBDオイルに含まれるすべてのテルペン、抗酸化物質、ビタミン、およびその他の成分が相乗的に作用し、健康と幸福にプラスの影響を与えるプロセスです。

アントラージュ効果は科学的に裏付けされており、エンドカンナビノイドシステム内で反応を誘発することでホメオスタシス(恒常性)を促進し、全身の炎症を軽減します。

Source:enecta > BLOG > Hemp Oil Benefit’s and Use

CBD通販専門店 HEMP4YOU
ショップ:https://hemp4you.shop

コメント